手間暇を軽減

ビジネス10複数のクレジットカードを使用していたり、複数の消費者金融からお金を借りていると、おまとめローンの必要性が増してきます。おまとめローンは複数の借金を一本化することができます。一本化することにより、複数の金融機関への振込や、手間暇を軽減することができます。何回も来る返済日に脅かされる日々が軽減され、なにより、おまとめローンは多重債務者への救済のためにあるサービスなので、借金を一本化することにより金利を下げることができ、融資の幅も広いです。特に個人事業主の方には重宝するローンで、予想外の不利益で複数の借入がある場合に、おまとめローンの必要性が増してきます。また、総量規制により借入総額が年収の3分の1を超えると、新たな借入が不可能になります。しかし、銀行のおまとめローンには貸金業法は適用されないので安心して借り替えできます。限度額は500万円程度で、金利は3.5%から18%の間です。ただしおまとめローンに不向きなケースもあります。まず、ローンの中に低金利の商品が含まれている場合、借り替えする必要がありません。そして、あたり前のことですが、借金が慢性化している方にもお勧めできません。おまとめローンで借金がなくなったと錯覚してしまい、新たな借入に走る可能性があります。おまとめローンを使用したら完済するまで、新たな借入をしないという強い気持ち必要です。最後におまとめローンの必要性を感じる人は、融資担当者と相談して最適な借り替えローンを組んでもらいましょう。そうすることにより、返済に追われるストレスが軽減し、完済する可能性が大幅に上がります。