いろんなところからお金を借りている

お金03おまとめローンの必要性は、いろんなところからお金を借りている債務者だけでなく、銀行にとってもおまとめローンの必要性はあるのです。債務者の中でも多重債務者がおまとめローンが必要なのです。多重債務者は小額の金額をいくつものサラリーマン金融から借りていたり、同一のサラ金からお金を借りているにも関わらず、重ねて借りていたりするのです。このようにして多重債務が生まれていく訳です。このような小額の多重債務といえども、複数となると結構な金額になります。このような人ですとまとまった額で銀行からお金を借りて返済した方がお得なのです。借り易いが故に何度も借りたり、いくつもの金融機関で借りてしまうのです。また、金融機関側もおまとめローンの必要性は高いのです。おまとめローンの金利よりも高い金利で支払えている多重債務者をおまとめローンで銀行に取り込めるのならば、銀行にとっても大きなメリットがあるのです。しかしおまとめローンがあるの金融機関は、サラリーマン金融を銀行のグループ傘下にない金融機関になります。地方銀行、信用金庫などの銀行にとってはサラリーマン金融から顧客を奪えるのです。現在の低金利時代においては、企業向けのローン商品は金利が低いです。それよりもずっと高い金利で、市民にお金を貸すことができれば銀行の利用価値も高まるでしょう。また、多重債務者に金融支援を行う銀行としてもアピールできる重要なポイントになるでしょう。